ウォーターサーバほど見た目に差がつかない商品ってそうはない気がします。人気のウォーターサーバーのHPをみても「当社は○○ランキングで年間1位に!」「アンケートで顧客満足度1位に!」「なんとかセレクション受賞!」という、あたりさわりのない文言が並んでいます。

いや、確かにすごいんですけどね。。。なんというかこう、他社にはまねできないすごいことをやっているウォーターサーバーって一つもない気がします。だからどれを選べばいいかわからないのですが、まあ実際どこでもOKって話ではあるんですけどね。

わからないけど、人気だからその商品かっちゃうとかレンタルしちゃうとか危険だと思うんですよね。数百円だとかランニングコストがかからないなら試し買いも良いと思いますが、ウォーターサーバーはレンタル無料と言っても実質の出費としては年間5~10万くらいはいきますので。。なので人気のウォーターサーバーの共通点を洗い出し、それが本当に生活にプラスになることなのかを検証していきたいと思います。

水の宅配エリアが広範囲であり送料無料であること

全国や広範囲に水を宅配してくれる時点でそれなりに選ばれているわけですし信用して良い会社であると言えます。また、利益だけを追いかけてどケチな会社はくいっぱぐれないように送料を有料にしているケースがあります。中には有料でもいいから一番いい奴送って!的な金持ちもいるのかもしれませんが、ウォーターサーバー自体にそこまで差はないのでここは無料でがんばっている会社が人気になっている気がします。

水の種類が豊富であること

小さな会社は1種類の天然水や特殊技術で水をピュアウォーターにし販売しているケースが多く、大手や人気の会社は2~3種類くらいから選ぶことが出来るようにしている。これは小さい事のように見えて実は結構大事な事だと思う。気分によって水を変更する事も出来るし、一度契約したら2年間は解約できない取り決めなのに、水が1種類しかないという事は、万が一体になんかあわない水だなあとなった時も解約に手数料がかかってしまう。水の種類が2~3種類あるということは、そういった時に変更が出来るというメリットある。採水地にこだわっているとか、幻の水だとかはキャッチコピーで売る為の印象操作でしかないので、天然水にするかどうかを決めた後は、この商品ラインナップを気にしたほうが得策だろう。ウォーターサーバー業界のしがらみというか暗黙のルールとしては他社のお水を注文する事を許していないのがあるから。

まあ、他社から水を頼まれてしまったら、サーバーをレンタル無料にしていることがビジネス的に崩壊してしまうので当然と言えば当然なのだが。

サーバーの性能は差が付いている?

差が無い差が無いといってきたが、一つ比較しやすい事をあげるとサーバー本体ではないだろうか。ウォーターサーバー会社1000社くらいに的を絞ると差が無いのだが、大手10社程に迄絞り込みサーバーを比較すると意外な差が浮き彫りになる。

衛生面、エコ機能、チャイルドロック、デザイン、生活に対しての付加価値などが各社頑張っている点だ。

まず、なにもおこなっていない会社は衛生面に努力を怠っている。点検をきちんとしていないという点。がんばっている会社は1~2年に一度は必ずウォーターサーバーの点検や交換を積極的に行ってくれる。レンタル無料だから継続して古いウォーターサーバーを使わせても利益的には良いのだろうが、新品に取り換えてくれたりする。これは素晴らしい。あ、でもこれもほぼ大手10社ならやっていること。だから差はないか・・・。

エコ機能に関してわかりやすいのは「電気代」として如実に表れているということ。あまり前面に当社ウォーターサーバーは電気代が安いです!とは歌ってはいないのだが、1000円ほど変わってくることもあるので性能の差は歴然だ。 但し、機能を充実させたりすると電気代もかかったり、使う環境によっても変わってくるのであまり前面に歌えないという背景もあるのだと思う。

エコサーバーに関しては、エコだけでなく先ほどの衛生面やチャイルドロック、デザイン面でもこだわっている企業が多い。それだけ差をつけられるからであろう。

生活の付加価値という面でいえばコスモウォーターは圧倒的だといえる。お掃除ロボットがついている機種や女性目線で考えられたボトルを上からではなく足元から設置できるシステムを開発したりと、他社に2馬身くらいの差をつけている優秀なウォーターサーバーと言える。

何を選ぶか?という点に尽きるのだが、困った時は種類がたくさんあり送料無料などをまず確認して絞り込んでから、見た目や機能面でウォーターサーバーを選ぶというのが一つの流れになるのではないか。

以上を頭に入れながらウォーターサーバー 人気ランキングを見ると良さがわかってくると思うのでおすすめ。

決して安いからという理由だけで選ばないほうがウォーターサーバーでは失敗しないといえる。是非生活のお供として最良のウォーターサーバーを手に入れてもらいたい。